栗田万生(28=石川)が今後を見据えて名前と顔を売る。

父の実家は西東京市にあり、自身は順大時代は千葉で練習していた。もともと関東地方に縁が深かったこともあり、8月に千葉支部に移籍することを決意。そんなタイミングで前場所宇都宮で決勝進出(7着)と調子も上がってきた。

「これからは(西武園で)走る機会も増えると思うので頑張ります」と、やる気をみなぎらせた。