休みなしで2節連続当地参戦の西丸敦基(22=香川)が1R、6コースから最内を差し伸び、2M好旋回で3着に入った。5Rは5着だったが、道中3番手を走って見せ場を作った。

弟の侑太朗も10月中旬から丸亀を2節連続で走り、2節目に初の準優進出(3着)を果たしている。「弟には負けられない。ペラをたたいて回った後の足が上向いた」。まずは水神祭を狙う。