堀之内紀代子は2走いずれもチルト3度の強伸び仕様を施して臨んだ。

2着だった前半7Rはともかく、後半12Rの1stドリームは4着で、伸びには納得いかなかった。「ちょっと厳しい。2日目からは乗りやすさ重視で行こうと思います」と方向転換を示唆した。

もっとも、20号機自体のポテンシャルは決して悪くないだけに、巻き返しに期待したい。

【常滑ボート・直前レース予想】無料公開中!ここを押してチェック