金子萌(33=静岡)が、30日のフライング休みから復帰戦を迎える。引いた43号機は、2節前に数原魁の初優勝をもたらしており「(優勝)していましたね」と、情報は把握済みだ。前検を終えると「普通くらいだけど、下がる感じはなかったです」と、まずまずの手応えを口にしていた。

19日までの前節では、師匠の菊地孝平が優出。惜しくも2着だっただけに、今回は「敵討ち」とも言える一戦だ。現在勝率が5点台半ばの自身にとっても、A1確保へ今後は勝率アップが必須。「厳しいかもしれないけど、頑張りたいです」と静かに意気込みを語った。