五味田奈穂(26=千葉)はガールズ予1・6Rで果敢に先行策も、当銘直美の番手まくりを浴びて4着ゴールだった。スタート回数12と前受けするレースが多いが、この日はS取りに失敗。「前が取れなかったときに、もっとうまく走れるようにならないと駄目ですね」と反省した。

選手間でも五味田の戦法は知られており「いい意味で、もっと(自分を)使ってもらえるように」と話す。予2・7Rは初日に続いて当銘、吉川美穂との再戦。「同じレースにならないように」と気合を入れた。