地元の取鳥雄吾(29=岡山)が2予最初の6Rに登場して、見事に勝利を収めた。

目標の昼田宗一郎が一気にまくり、順当に差し切った。「ハイピッチになったが、昼田が早いタイミングで行ってくれた。状態は日に日に良くなっていて大丈夫。ただ、早く抜きにいったのは反省」と振り返った。

準決10Rは自力の番組となり、先輩の隅田洋介-柏野智典を連れて走る責任ある立場になった。勝負どころでダッシュ力を生かして上位独占を目指す。