JKAは4日、令和6年能登半島地震復興支援競輪 G1第78回日本選手権競輪(4月30~5月5日、いわき平)の出場予定選手を発表した。

松浦悠士、古性優作らS級S班9人がそろい踏み。2月のG1全日本選抜を制した郡司浩平も名を連ねた。他に、選考期間(23年2月~24年1月)の獲得賞金上位者らが選抜された。選考順位27位の渡部幸訓までが特選にシードされる。