日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

レインボー3年6カ月ぶり戴冠/関屋記念

日記を書く

プレゼンターの真鍋かをりから祝福される安藤勝己騎手(撮影・神戸崇利)
プレゼンターの真鍋かをりから祝福される安藤勝己騎手(撮影・神戸崇利)

<関屋記念>◇7日=新潟◇G3◇芝1600メートル◇3歳上◇出走12頭

 4番人気レインボーペガサス(牡6、鮫島)が重賞2勝目を飾った。4コーナー好位から直線抜け出し、追い込んできた2着エアラフォンの追撃を3/4馬身差振り切った。08年2月のきさらぎ賞以来3年6カ月ぶりの重賞制覇で、勝ち時計は1分32秒6。3着にサトノフローラが入り、1番人気のセイクリッドバレーは直線伸びを欠き5着に敗れた。

 マイネルファルケの単騎逃げも落ち着いた流れでレースは進んだが、直線に入ると後方で待機していたセイクリッドバレーとエアラフォンの人気馬2頭が外から襲いかかる。中団に位置したレインボーは2頭より早く動いて内めから先に抜け出すと、そのまま差を広げて危なげなく先頭でゴールした。デビュー戦にも騎乗した安藤勝騎手は「速くもなく遅くもない理想的な流れがよかった。もともと素質がある馬。気性的に入れ込んだり、けがしたり、いろいろあったけど、これぐらい走ってもおかしくない。今日は返し馬で入れ込んでなくて、これならと感じた」と笑顔で話した。

 今後について鮫島師は「屈けん炎もあるので、間隔をあけて使いたい。千六で勝ったが、二千ぐらいまでの距離になる。状態やメンバーを見ながら使うことになるが、次は秋競馬です」とコメントした。

 馬連(9)(12)1600円、馬単(9)(12)4290円、3連複(6)(9)(12)5330円、3連単(9)(12)(6)は3万5740円。

 (注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合してください)

 [2011年8月7日18時44分]




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞