日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

オルフェ堂々の1番人気/凱旋門賞

 オルフェーヴル(牡5、池江)が堂々の1番人気だ-。15日にロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月6日=フランス・ロンシャン)の前哨戦は、日本から参戦の2頭がその実力を存分に見せつけた。

 フォワ賞のオルフェーヴルは直線に入ると、馬なりで抜け出し、C・スミヨン騎手が後ろを振り返る快勝劇。キズナ(牡3、佐々木)は日本ダービー馬として、同世代の英ダービー馬ルーラーオブザワールド(牡3、A・オブライエン、父ガリレオ)に競り勝ち、パリ大賞の勝ち馬フリントシャー(牡、A・ファーブル、父ダンシリ)を退けた。

 ヴェルメイユ賞を4戦無敗で制したトレヴ(牝3、C・ヘッド、父モチヴェーター)も強い内容だったが、オルフェーヴルのインパクトはそれ以上。この結果を受けて、ブックメーカー各社はオルフェーヴルのオッズを2・5倍~4倍とし、1番人気に立っている。

 2番人気はデットーリ騎手とのコンビでヴェルメイユ賞を快勝したトレヴで3・5倍~5倍。3番人気は今年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSを制し、バーデン大賞を勝って本番に向かうノヴェリスト(牡4、A・ウェーラー、父モンズン)で4・5倍~6倍のオッズとなった。

 レース前までは10倍台の伏兵候補だったキズナだが、5~8倍の4番人気へ急浮上している。オルフェーヴル、キズナの日本馬2頭が今年の凱旋門賞戦線の主役を演じることになる。

 [2013年9月16日6時59分]

PR情報



  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞