日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

保田隆芳さん死去、史上初の8大競走制覇

04年 保田隆芳さん(左)と柴田善臣騎手
04年 保田隆芳さん(左)と柴田善臣騎手

 伝説の名騎手よ、さらば。保田隆芳氏が1日午後9時21分、都内の病院で病気のために亡くなった。89歳だった。米国から持ち込んだモンキー乗りで日本競馬界に革命を起こし、史上初の旧8大競走を制覇。調教師としても天馬トウショウボーイを育てた。親族のみの密葬で、秋に遺族による「しのぶ会」が行われる。

 温厚な人柄で誰からも愛された隆芳氏が1日夜、息を引き取った。ここ3週間ほどは入院生活を送っていたが、つい先日まで元気な姿を見せていた。「天馬」の愛称で親しまれたトウショウボーイに騎乗していた池上昌弘調教師が先月6日に見舞いに訪れた際は「もっと頑張れ」と激励した。先週土曜の福島競馬5Rで長男である保田一隆調教師の馬が新馬戦を勝ったときは、テレビの前で大喜びしていたという。競馬一筋の情熱は97年に調教師を引退してからも変わらず、府中の自宅近くの東京競馬場を中心に、しばしば競馬場に足を運んでいた。

 騎手としても調教師としても、成功者だった。日本の競馬界に残した功績は計り知れない。競馬界に血縁関係はなかったが、乗馬にのめり込んだのをきっかけに、1934年に尾形藤吉厩舎の見習い騎手となった。36年に騎手免許を取得するとすぐに頭角を現し、名門厩舎のエースジョッキーの座を手にした。38年には第1回の阪神優秀牝馬(現在のオークス)をアステリモアで制覇。現在でも史上最年少記録として残る18歳8カ月でのクラシックレース優勝を遂げた。

 兵役で一時は競馬界を離れたものの、46年に復帰後の活躍も華やかだった。58年には、日本馬初の海外挑戦となったハクチカラの米国遠征に帯同した。自身は勝ち星こそ挙げられなかったが、持ち前の研究熱心さで、日本ではまだなじみの薄かったモンキー乗りを習得。天神乗りといわれる馬の背をまたぐ格好ではなく、あぶみの上でつま先立ち、腰を浮かせて前傾姿勢を取る騎乗スタイルをものにしたことで、帰国後は勝ち星を量産した。以後はリーディングの常連となり、他の騎手は次々にモンキー乗りに転向した。48歳となった68年、マーチスの皐月賞を勝ち、史上初の8大競走(皐月賞、ダービー、菊花賞、桜花賞、オークス、春秋天皇賞、有馬記念)制覇を達成。年齢を重ねても騎乗ぶりは衰えず、50歳目前まで一流ジョッキー生活を送った。

 引退レースとなった70年京王杯SHをミノルで有終の美を飾り、同年調教師に転身。開業1年目に安田記念、天皇賞(秋)をメジロアサマで制した。トウショウボーイは76年皐月賞、有馬記念、77年宝塚記念を制覇。好敵手のテンポイント、グリーングラスとともにTTG時代を築いた。長年の功績が評価され、95年には競馬関係者として初の勲4等瑞宝章を受章。04年には殿堂入りを果たした。

 トウショウボーイは92年に世を去った。それから16年余り。戦後の競馬界をけん引した巨星は、天馬と再会を果たし、天国から競馬界の今後を見守っていくことだろう。

 [2009年7月3日8時10分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは



PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  保田さん長男一隆師「安らかな最期」 - 競馬ニュース
  2. 2  復刻・保田隆芳調教師勇退へラスト週 - 競馬ニュース
  3. 3  保田さんモンキー乗り普及させ競馬変えた - 競馬ニュース
  4. 4  ダンサー軽めも馬なり38秒1/函館SS - 競馬ニュース
  5. 5  池江泰郎師全10場重賞V狙う/ラジオN賞 - 競馬ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです