日本サッカー協会(JFA)佐々木則夫女子委員長(65)が26日、都内で、国税庁の確定申告イベントに出席した。

サッカー女子日本代表なでしこジャパンがパリオリンピック(五輪)アジア最終予選北朝鮮戦第1戦を戦ったサウジアラビア・ジッダからこの日、帰国したばかり。第1戦を「もちろん双方にチャンスはあった。見た感じではDPR(北朝鮮)さんの方がチャンスはあった」と振り返りながら、28日の国立での第2戦に向けて「彼女たちの力、池田(太)監督の采配も含めてしっかりとパリ五輪を確定申告してくれるのではないかな」と期待した。

国立での試合でのチケット販売にやや苦戦しているといい「(現在の)細かい数字はわからないが、4万(人)は確定したい」と目標値を明かして笑わせた。「ぜひみなさまも国立に足を運んでいただいて、確定する後押しをしていただければ」と呼びかけた。

なでしこ、運命の北朝鮮戦 勝てばパリ五輪、負ければ終わりのアジア最終予選/ライブ速報します