サッカーJ1のヴィッセル神戸は12日、FWルーカス・ポドルスキ(33)が左足内側楔状(けつじょう)骨剥離骨折で、全治約6週間の診断を受けたと発表した。

 6月28日の和歌山キャンプ中に負傷し、その後に神戸市内の病院で検査し判明した。ポドルスキは治療のため、ドイツに一時帰国している。