横浜FCとポルトガル2部オリベイレンセは30日、横浜FCからオリベイレンセへ期限付き移籍中のFWカズ(三浦知良、56)の自筆サイン入りユニホームを、111枚限定で販売することを発表した。

フレーム入りのプレミアム感あふれる品で、ユニホームのサイズはLのみ。フレームのサイズは縦103・6センチ、横64・8センチ。販売価格は7万7000円(税込み)で、12月1日からオリベイレンセの日本語版の公式オンラインショップで販売される。来年1月以降にはサインなしの背番号とネーム入りのユニホームも販売予定。

オリベイレンセは、横浜FCを保有するONODERA GROUPが昨年11月に経営権を取得。カズは昨年2月、オリベイレンセに期限付き移籍し、3試合に出場。シーズン終了後に「ある意味一定の自分が感じられる成功を得たい」と期限付き移籍の延長を決意した。カズは今季1試合に出場。現在18チーム中9位につけている。