マンチェスター・シティーのジョゼップ・グアルディオラ監督(51)が、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン(31)に来季以降も残留してプレーすることを望んでいると、英サン紙電子版が報じた。

ギュンドアンは16年からマンチェスターCでプレー。今季は26試合に出場し、6得点を挙げている。

ギュンドアンにはアーセナルが獲得へ熱心で、今夏の移籍が可能だとみられている。マンチェスターCとの契約は残り1年で、クラブ側に新たな契約を結ぶ予定はないという。

しかし、グアルディオラ監督はギュンドアンに早期の退団を望んではいないという。