新潟BBラビッツがリーグ最終戦で連敗を15で止め、今季初勝利を挙げた。チーム史上最多得点を記録し、東京羽田に99-76で大勝。昨年2月22日山梨戦(74○66)以来372日ぶりの白星で締めた。順位は東地区6位で終えた。

「ブザーを聞いた時にホッとした」と主将のF北川直美(26)。試合開始直後に4-3とリードした後、1度も並ばれなかった。3点シュート13本、2点シュート24本成功は、ともに相手を上回っての99点だった。

今季前半はケガ人が多く、試合形式の練習ができないほど。2月に全員がそろってからは敗戦にも粘り強さを見せていた。プレーオフ進出を逃しており、これが今季最終戦。「新潟で応援してくださる方に勝った試合を見せることができた」。北川は最後に手にした白星の大きさを感じていた。