バレーボールVリーグ女子1部(V1)のトヨタ車体は7日、U19日本代表主将の笠井季璃(りり、旭川実高3年)の24年度入社内定を発表した。

笠井は北海道別海町出身で、強打とレシーブが持ち味のアウトサイドヒッター。昨年はU18アジア選手権(タイ)8連覇、今年8月のU19世界選手権では4位と、いずれもエース・主将として世代別日本代表に貢献した。世界選手権後にV1数チームの練習に参加し、高校卒業後の進路を検討。現在V112チーム中5位につけるトヨタ車体入社を決定した。

笠井は、トヨタ車体のホームページに「クインシーズの一員になれてとてもうれしく思います。プレー面では攻守共に安定したプレーヤーを目指します!そして点を決めた後のガッツポーズにも是非注目して欲しいです!」とコメントを寄せた。