日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競輪
  2. KEIRINグランプリ2013特集

KEIRINグランプリ2013ニュースのRSS


連覇は山田裕仁ただ1人/GPアラカルト

ウイニングランでガッツポーズする02年の優勝者・山田裕仁。翌03年には史上唯一の連覇、最多タイの3度目Vを飾った
ウイニングランでガッツポーズする02年の優勝者・山田裕仁。翌03年には史上唯一の連覇、最多タイの3度目Vを飾った

<KEIRINグランプリ・アラカルト>(2)

 【歴代優勝者】▼85年・立川 中野浩一(30=福岡)▼86年・立川 井上茂徳(28=佐賀)▼87年・平塚 滝沢正光(27=千葉)▼88年・立川 井上茂徳(30=佐賀)▼89年 中止▼90年・立川 坂本勉(28=青森)▼91年・立川 鈴木誠(26=千葉)▼92年・平塚 吉岡稔真(22=福岡)▼93年・立川 滝沢正光(33=千葉)▼94年・立川 井上茂徳(36=佐賀)▼95年・立川 吉岡稔真(25=福岡)▼96年・立川 小橋正義(29=岡山)▼97年・立川 山田裕仁(29=岐阜)▼98年・立川 山口幸二(30=岐阜)▼99年・立川 太田真一(24=埼玉)▼00年・立川 児玉広志(31=香川)▼01年・平塚 伏見俊昭(25=福島)▼02年・立川 山田裕仁(34=岐阜)▼03年・京王閣 山田裕仁(35=岐阜)▼04年・立川 小野俊之(28=大分)▼05年・平塚 加藤慎平(27=岐阜)▼06年・京王閣 有坂直樹(37=秋田)▼07年・立川 伏見俊昭(31=福島)▼08年・平塚 井上昌己(29=長崎)▼09年・京王閣 海老根恵太(32=千葉)▼10年・立川 村上博幸(31=京都)▼11年・平塚 山口幸二(43=岐阜)▼12年・京王閣 村上義弘(38=京都)※( )内は当時の年齢と登録地

 【最多優勝】3回の井上茂徳(86、88、94年)山田裕仁(97、02、03年)。2回は滝沢正光(87、93年)吉岡稔真(92、95年)山口幸二(98、01年)伏見俊昭(01、07年)。都道府県別では岐阜が6回で最多。千葉が4回、福岡と佐賀が3回で続く。地区別に見ると九州8回、中部(全て岐阜)6回、北日本と南関(全て千葉)4回の順。

 【連続優勝】02年と03年を制した山田裕仁のみ。

 【最年少優勝】吉岡稔真(92年)の22歳。

 【最年長優勝】山口幸二(01年)の43歳。

 【初出場選手の優勝】“全員が初出場”の第1回大会は例外として、当初10年間では吉岡稔真(92年)のみ。しかし、最近10年間では加藤慎平(05年)有坂直樹(06年)海老根恵太(09年)村上博幸(10年)の4人と急増している。通算では過去26回のうち8人。

 【G1未制覇選手の優勝】山田裕仁(97年)小野俊之(04年)有坂直樹(06年)の3人だけ。

 [2013年12月17日10時4分]




日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞