日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


林巨人 番手で大仕事だ/立川

<立川競輪>◇F1◇初日◇19日

 林巨人が仕事師ぶりを発揮して快勝発進だ。予選7Rで最終ホームから自力型の黒田淳と5番手を争った。「あそこは絶対に譲れない」と強引に中団を奪取。2角から内に切り込むと3番手を奪って直線一気に差し足を伸ばして1着。前検日の松阪G3決勝で同県の山内卓也が優勝を飾って「すごい刺激をもらった。当所は初参戦だけど軽く感じた」と高笑いだ。

 これで現有する44競輪場をすべて参戦。最後に残されたバンクも、まずはあいさつ代わりの快勝劇。準決11Rは稲垣裕之の番手絶好だ。159センチの小さな巨人が、今度は番手で大仕事を果たして決勝切符も強奪する。

 [2013年11月20日10時0分 紙面から]

PR情報






日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞