日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

東洋大・酒井監督、初Vへ「主導権を」

会見に臨む駒大・大八木監督(左)と東洋大・酒井監督(撮影・渡辺佳彦)
会見に臨む駒大・大八木監督(左)と東洋大・酒井監督(撮影・渡辺佳彦)

 秩父宮賜杯第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(日刊スポーツ新聞社後援)は2日午前8時5分、名古屋・熱田神宮をスタートし、三重・伊勢神宮をフィニッシュとする8区間106・8キロのコースで争われる。

 レースを2日後に控えた10月31日、名古屋市内で監督会見が開かれた。

 箱根駅伝では最近6年で4度の総合優勝を誇る東洋大だが、今大会は3年連続2位など、優勝から見放されている。優勝の可能性を5段階評価で「4」とした酒井俊幸(38)は「昨今の駅伝は、アンカー勝負はあっても、終盤で逆転するのは難しい。4区までの順位が大事で、主導権を取れるかどうか」と初優勝へのポイントを分析した。双子の設楽兄弟らが卒業し、今大会には学生3大駅伝初体験組もエントリー。「4年で初めて(出場)という選手もいる。そんな選手が“区間賞争いをするんだ”という意気込みを見せて欲しい」と期待した。

 [2014年10月31日19時21分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞