日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

青学大初V 3強時代に風穴/出雲駅伝

初優勝を果たした青学大アンカーの出岐(共同)
初優勝を果たした青学大アンカーの出岐(共同)

<陸上:出雲駅伝>◇6区間(スタート:出雲大社正面鳥居前~ゴール:出雲ドーム前、44・5キロ)◇8日◇島根・出雲市

 伏兵・青学大が、2時間9分41秒の大会新記録で初優勝した。3区・久保田和真(1年)の快走でトップに立つと、4区・大谷遼太郎(4年)も区間新記録の激走。最後は大黒柱・出岐雄大(4年)がリードを守り切り、全日本、箱根を合わせた3大駅伝で初のタイトルを手にした。連覇を狙った東洋大は2位、エース大迫傑(3年)の失速が響いた早大は6位だった。

 新たな歴史が、出雲路に刻まれた。若さあふれる「新緑軍団」青学大が躍動した。1区・小椋(1年)がトップの中大から7秒差でつなぎ、2区・藤川(2年)が2位へ浮上。3区・久保田が力強い走りで首位に躍り出た。下級生に刺激され、後半は上級生が奮闘した。4区・大谷が区間新記録をマークし、福田(3年)、出岐も独走。2年前に3冠を達成した早大の記録を24秒短縮する大会新記録で、初優勝を飾った。

 近年は東洋大、早大、駒大の3強時代。そこへ新たな風が吹いた。「こいつら、強いんですね。ボクが思っている以上に」。就任9年目の原監督は、明るく笑った。誘われ、04年に実業団の中国電力から転職。「私自身(中京大OBで)箱根を走っていないし、五輪も世界選手権も出ていない。信じてついてきてくれるか悩んだ」と言うが、5年目の08年冬に33年ぶりの箱根へ導いた。そこから風向きは変わった。

 地道な強化が実を結び、今年1月の箱根で5位へと躍進した。歩調を合わせるように3月には神奈川・相模原キャンパスにトラック、6月にはクロカンコースも完成。チームが「新しい青学の挑戦」を掲げる年に、ついに3大駅伝で初めてタイトルを手にした。今季は出岐、福田ら主力に故障があり、6月の全日本予選はまさかの敗退。嫌なムードを出雲で吹き払った。「チームに迷惑ばかりかけた。だから最高にうれしい」と出岐。1月の箱根へ、青学大が台風の目となりそうだ。【佐藤隆志】

 ◆区間賞 ▼1区(8キロ) 代田修平(中大)23分29秒▼2区(5・8キロ) 田中秀幸(順大)16分50秒▼3区(7・9キロ) 久保田和真(青学大)23分13秒▼4区(6・2キロ) 大谷遼太郎(青学大)17分50秒=区間新▼5区(6・4キロ) 高久龍(東洋大)18分11秒=区間新▼6区(10・2キロ) オムワンバ(山梨学院大)29分23秒

 [2012年10月9日9時0分 紙面から]









日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞