コンテンツエリア



メインコンテンツ

コラム

RSS
為末大学

為末大学

◆為末大(ためすえ・だい) 1978年(昭和53年)5月3日、広島市生まれ。広島皆実高-法大。400m障害で世界選手権で2度(01年、05年)銅メダル。五輪は00年シドニー、04年アテネ、08年北京と3大会連続出場。自己ベストの47秒89は、現在も日本記録。12年6月の日本選手権で現役引退。現在は社会イベントを主宰する傍ら講演活動、執筆業、テレビのコメンテーターなどマルチな才能を発揮。為末大学の公式サイトはhttp://tamesue.jp/。

新着コラム

今回のオリンピックは、これまでよりもさらにドラマが多かったように感じられた。特に選手のひたむきな姿勢は多くの感動を呼んだ。私たちが見ていたこの17日間で起きたことは、いわば最後の仕上げだ…[]

現役時代にはあまり気がつかなかったが、引退してからミックスゾーンにメディア側として立って、あらためて感じたのは日本選手のインタビューの特異さだ。成績が悪かった時のアメリカ選手が、自分なり…[]





スポーツ

デュアルモーグルで堀島行真がV 冬季アジア大会
デュアルモーグルで堀島行真がV 冬季アジア大会 [記事へ]





右カラム