日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのスポーツページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. トップ
  2. ニュース
  3. リアルタイム速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. 展望&注目選手
  7. 歴代優勝校
  8. コース紹介

早大誤算 3度抜いても2位/箱根駅伝

総合優勝を逃した早大アンカー三戸は手を合わせてゴールする
総合優勝を逃した早大アンカー三戸は手を合わせてゴールする

<第85回箱根駅伝>◇3日◇復路◇箱根-東京(5区間109・9キロ)

 早大が昨年と同じ総合2位に終わった。10区の三戸は、チームメートにわびるかのように手を合わせながらゴール。一般入試で入部し、4年で初めてつかんだ箱根路だったが、東洋大には41秒届かず「トップでテープを切るのが役割だったのに」と号泣した。

 誤算が続いた。7区を終わって2分半の差をつけるプランに最初の6区で狂いが生じた。昨年、同区間で区間賞を取った山下りのエース加藤が3・25キロ付近でトップに躍り出たが、突き放せない。6キロすぎから腹痛を起こしてペースが上がらず、8キロすぎに東洋大の富永につかまった。

 そこから2人の抜きつ抜かれつのデッドヒートが始まり、19キロ手前までにトップが5度交代。最後は加藤が腹痛に耐えながら必死の形相で逃げ切ったが、富永とは18秒差で「足を引っ張った」とうなだれた。

 7区を任された期待の1年生八木はレース1週間前に38度の発熱。本来の力にはほど遠く、走り終えて2分半どころか、12秒差しかつけられなかった。8区で中島が東洋大の千葉に逆転されると、力尽きた。

 昨年と同じ順位でも意味は大きく違う。昨年は挑戦者としてある程度の満足感はあったが、今年は優勝候補として必勝を期しての2位だけに敗北感でいっぱいだ。渡辺監督は「スタートで出遅れた。後手に回ってしまった。油断があったかも」とくちびるをかんだ。

 来年はエースの竹沢が卒業で抜けるが、前を向くしかない。渡辺監督は「今度は10人そろえるチーム力で勝負できる」と、3年生以下の選手に夢を託した。【吉松忠弘】

 [2009年1月4日9時17分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




五輪スポーツ

北京五輪ニュースへ





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 第85回箱根駅伝
  4. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです