日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのスポーツページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. トップ
  2. ニュース
  3. リアルタイム速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. 展望&注目選手
  7. 歴代優勝校
  8. コース紹介

東洋大が5区柏原力走で往路V/箱根駅伝

5区の山道を跳ねるように駆け上がる東洋大・柏原(撮影・藤田啓輔)
5区の山道を跳ねるように駆け上がる東洋大・柏原(撮影・藤田啓輔)

<第86回箱根駅伝>◇2日◇往路◇東京-箱根(5区間108キロ)

 総合連覇を狙う東洋大が山上りの5区(23・4キロ)で柏原竜二の前回大会に続く力走で大逆転し、5時間32分2秒で2年連続の往路優勝を果たした。

 山梨学院大が3分36秒差で2位に入り、日体大がトップと4分13秒差の3位。古豪の明大は5区で6位まで後退し、前回総合2位の早大が7位、王座奪回を期す駒大は8位と大きく出遅れた。

 レースは1区(21・4キロ)で明大の北条尚がトップに立つと、4区(18・5キロ)まで主導権を握って首位を堅持。だが5区で東洋大の柏原が自らの区間記録を10秒更新する1時間17分8秒の驚異的なタイムで走り、7位からトップと4分26秒差を逆転した。

 3日の最終日は5区間、109・9キロの復路を実施する。

 [2010年1月2日22時30分]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

柏原竜二


五輪スポーツ

北京五輪ニュースへ





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 第86回箱根駅伝
  4. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです