横須賀工が我慢強さを発揮し、新栄に逆転勝ちした。

 1-1で迎えた5回、1死3塁で2番市川大暉内野手(3年)の犠飛で勝ち越し点を奪った。7回にも2点を追加し、新栄を突き放した。

 小川一平投手(3年)が1失点完投勝利を挙げた。「秋と春はけがをしていて目立てなかったから、この夏は目立ちたいな」と笑顔を見せた。

 次は厚木北(14日・俣野公園横浜薬大)と対戦する。主将の吉川圭祐内野手(3年)は「2年前に負けた相手だから、先輩の分も無念を晴らしたい」と気合を入れた。