敦賀気比の先発、上加世田(うえかせだ)頼希投手(3年)が5回途中で降板した。

5点のリードをもらいながら3回に1失点、4回に2失点。続く5回にも1死一、二塁とされたところで東哲平監督(42)は交代を決断し、球審に告げた。

場内に「ピッチャー上加世田くんに代わりまして、清野くん。4番ピッチャー清野くん」とアナウンスがあると、観客がざわついた。上加世田はこの試合でも先制打を含む2安打している打の主軸でもある。グラブ交換のため一度ベンチに下がっていた上加世田本人も、きょとん。

ただ、これは間違いだった。敦賀気比ベンチから指摘があり、アナウンスが訂正。上加世田は一塁に回り、一塁の細川叶人内野手(3年)に代わって左腕の清野仁楽(とら)投手(3年)が入った。

清野はこのピンチを無失点でしのいだ。