勝利すれば来春センバツ出場を懸ける秋季関東大会出場が決まる準決勝。慶応は巨人などで活躍した清原和博氏を父に持つ、勝児内野手(1年)が「7番三塁」で先発出場。もう少しで本塁打というファウルあり、安打ありで、8回で交代するまで4打数2安打の結果を残した。試合は8回表終了時点で7-2とリードしている。

0-0で迎えた2回1死二塁からの第1打席。相手左腕・佐藤快司投手(2年)の5球目を、逆方向の二塁正面へ。自身はアウトになったが、二塁走者は三塁へ進塁した。しかし後続が倒れ、先制点を得ることはならなかった。

第2打席は3-0とリードした4回無死。初球をとらえ、三塁線へのゴロを放つと、バウンドしたボールを三塁手が捕球できず。三塁強襲の内野安打で出塁。その後二塁に進んだが得点はならず。

第3打席は5-0で迎えた5回2死二塁。初球をとらえると、左翼ポール際へ本塁打性の大飛球となったが惜しくもファウル。フルカウントから空振り三振に倒れた。

第4打席は5-2で迎えた8回無死。5球目をはじき返すと、打球は三遊間を抜け、左前打となった。ここで代走が送られ、交代。三塁側ベンチへ戻る間には、スタンドからは拍手が起こった。