今夏甲子園で8強入りした花巻東(岩手)の北條慎治投手(3年)が、13日までに東都大学リーグの青学大に合格した。同校から同大硬式野球部への入部は今回が初となる。

花巻東のエースが、今季の春秋リーグ戦と全日本大学選手権を制した強豪に加わる。「ドラフト1位を2人輩出したチームでピッチャーとして学べれば、自分も上のレベルに達することができると思いました」。阪神ドラフト1位の青学大・下村海翔投手(4年=九州国際大付)、広島ドラフト1位の同・常広羽也斗投手(4年=大分舞鶴)に続く覚悟だ。

高校入学を機に本格的に投手に挑戦し、最速は転向直後の124キロから145キロまで伸びた。もともと打撃センスには定評があり、今夏の甲子園では4番として打率4割2分9厘をマーク。登板がない日は左翼で出場していたが、大学では「投手1本でやりたい。ピッチャーだけに専念した方が伸びると思う」。今後は野手としてプレーする選択肢はないという。

まずは春季リーグ戦でのベンチ入りを目指す。「東都リーグは一番レベルの高いリーグ。そこで通用しないと、プロのレベルに達しないと思う。まずは東都で一番のピッチャーになり、ドラフト1位で指名されたいです」と4年後を見据えた。