エンゼルスからFAとなり去就が注目されている大谷翔平投手(29)について、ESPNのベテラン記者バスター・オルニー氏が「彼はすでに行きたい球団を決めている」と指摘した。カナダのスポーツラジオ局「TSN1050」のトーク番組で話したと、TSN電子版が29日(30日)伝えた。

オルニー記者は「オオタニを知っている人と何人か話をしたが、彼らはオオタニがすでに心を決めていると話していた。彼は自分がどこに行きたいかを知っているし、以前からずっとその思いがあったと言っている」と明かし「彼の代理人が交渉を有利に進めるために他球団とも交渉していると思う」と指摘した。

意中の球団は分からないが、同記者は「ドジャースが彼に合っていると思っている。資金の使い方をみても、オオタニに多くの金額を費やせる。ムーキー・ベッツやフレディ・フリーマンと一緒になることは大きな助けになる」と指摘した。