ソフトバンクのドラフト1位甲斐野央投手が完璧にセットアッパー役を務めた。

1点リードの8回に登板。4番メネセスを空振り三振にきるなど上位打線を3人でピシャリ。開幕から9戦連続無失点で、7ホールド目。「(泉の初勝利は)考えましたね。1点差だったんで、先頭を出したらまずいと思っていた。抑えられて良かった」。同期入団である泉圭輔投手の白星を守り、笑顔だった。