広島がまさかのサヨナラ負けだ。2点リードで9回にヘロニモ・フランスア投手が登板する必勝パターンに持ち込んだが、その守護神が打たれた。

先頭マルテに中前打を浴び、続くソラーテは四球。無死一、二塁から、この日6番に下がっていた大山にサヨナラ3ランを浴びた。「投球は悪くなかったけど、打たれる日はある」。失意の左腕はそれだけ話し、迎えのバスに乗り込んだ。

緒方監督の勝負手が決まりかけていた。不調の先発床田を2回で諦めた。3回から登板した2番手遠藤は最速146キロのストレート、フォーク、カーブ、スライダーを投げ分け3回1/3を3安打1失点。プロ初勝利を目前にしていた。

首位巨人、2位DeNAが勝っており、3強で1人負け。首位とのゲーム差は2・5に開いた。緒方監督は「失点しないピッチャーはいない。明日また切り替えてやってくれればいい。今日はそれだけ」と前を向いた。ショックを振り払い、11日の同カードで7カード連続勝ち越しを狙う。