楽天は西武ニールの立ち上がりを攻め、初回に小郷のソロ、鈴木大の適時打などで3点を先制。2、3回も追加点で大きくリード。

西武は4回にスパンジェンバーグ、6回に山野辺の適時打で反撃。先発ニールの後を受けた田村、ギャレットが中盤を封じた。

楽天は7回に田中貴のプロ初本塁打の2ランでダメ押し。8、9回にも加点して連敗を2で止め、2位ロッテと2・5ゲーム差に。敗れた西武はニール8敗目。