阪神陽川尚将内野手が貴重な追加点を呼んだ。

2-1の3回2死一、二塁で大野雄のツーシームを左中間へ放ち、リードを2点に広げた。「みんなが良い流れで回してくれたので、その流れに乗って打つことができました」。矢野監督も「2点差は気持ち的にも余裕出る。ナイスバッティングでした」と称賛した。守備では1回に高橋の打球を後逸して三塁打にしてしまったが、5回は邪飛をスライディングキャッチ。ミスも取り返した。