ロッテ井口資仁監督(46)の著書「もう下剋上とは言わせない~勝利へ導くチーム改革~」が、全国の書店で26日に発売される。日本文芸社から出版される。

自身4冊目で、18年の監督就任後は初の著書となる。球場施設の整備、フロントへの提言、ドラフト指名への要望、若手育成をはじめ、シーズンの舞台裏なども明かしている。

井口監督は「これまでの3年間、私がどのような考えのもとにチーム作りに臨んできたかを書かせていただいています。選手にどのような選手になってほしいか。どんな意識をもってプレーをしてほしいか。私が思っていることを書かせていただきました。タイトルには、1974年以来のリーグ1位でのリーグ優勝を目指す、常に優勝争いをするチームを目指すという意味を込めて『もう下剋上とは言わせない』と、つけさせていただきました」とコメントを寄せ「マリーンズ黄金時代のイメージが私にはハッキリあるからこそのタイトルです」と締めた。