阪神守護神ロベルト・スアレスがソフトバンク3連戦で今季初実戦を迎える。移籍1年目の昨年の古巣戦は、3月1日のオープン戦で3イニングを投げ1失点だった。抑えとして迎える今季は立場も違う。

「試合の雰囲気を感じながら、打者に向かって1球1球確認しながら投げたい。体も心もできあがりつつある。シーズンに向けて全力で投げていきたい」。成長した姿を見せる。