黄金ルーキーが、快挙を逃した。楽天ドラフト1位の早川隆久投手(22)が4日、楽天生命パークでのオリックス3回戦に先発。悪天候の中で粘投も、昨季パ・リーグ首位打者の吉田正に2ランを浴びるなど6回8安打4失点。プロ初黒星を喫し、球団新人史上初の2戦2勝とはならなかった。それでも石井一久GM兼監督から評価を受け、次戦へつながる登板となった。

   ◇   ◇   ◇

1発に泣いた。3回2死二塁。早川が、昨季首位打者でパワーがある吉田正を警戒した。内角低めの直球で入ったが、わずかにボール。2球目。再び内角を狙った。胸元の高さへの142キロ直球は初球よりも厳しく内を突いた。だが、球界を代表するスラッガーに一枚上を行かれた。「一塁も空いていたので、もっと慎重に攻めるべきだったと思います」。プロ初被弾、初失点。快音の行く先、右翼席を振り返ると、ほおを小さくふくらませ、与えた先制点を悔やんだ。

悪天候にも、粘りを見せた。デビュー戦同様、この日も雨。立ち上がりから投球の間にはユニホームのポケットに左手を入れるなどの対策で、万全を期した。「状況を見ながらストライク優先の投球を心がけて投げました」。雨脚が強まるにつれ、最速155キロを誇る直球を140キロ前半から中盤にとどめ、コースを丁寧についた。

被弾後の4回は9球、5回は7球でともに3者凡退に抑えた。守備からリズムを作ったが、味方の援護なく迎えた6回1死二、三塁。モヤに2点適時打を打たれ、踏ん張りきれなかった。「次回登板ではもう少し周りの状況を考えて投球をしなければいけないです」。チームを勝利へ導くために、高いレベルの意識を持ち、次を見据えた。

プロ初登板初先発となった3月28日の日本ハム戦では6回無失点で初勝利。球団新人史上初となる2戦2勝は逃したが、指揮官の高い評価はぶれない。「ピンチを背負った時にしっかりとゴロも打たせていたし、前回と何が違うのかという話でいくと結果が違うというだけ。彼らしいピッチングはできていると思います」。次戦は11日ソフトバンク戦(楽天生命パーク)。悔しさを糧に、王者へ挑む。【相沢孔志】

▽楽天石井GM兼監督(プロ初黒星を喫した早川に) 全体的に悪い球ではなかった。前回と何が違うのかといえば結果が違うだけ。勝負球としては間違えてなかったけど、もう1個ケアするボールにするべきだったねと話はした。

楽天担当のツイッターはこちら―>

楽天ニュース一覧はこちら―>