大阪桐蔭時代に甲子園を沸かせた中日根尾昂外野手(22)が、プロ初登板を果たした。広島戦(マツダスタジアム)に控え野手でベンチ入りし、1-10の8回に6番手として1軍公式戦初登板。高校時代と並ぶ最速150キロをマークし、15球で打者4人を1安打無失点に抑えた。

互いにドラフト1位で4球団競合して入団した同期の小園海斗内野手(21)とも対戦。9回は「4番投手」のまま打席に入り、ケムナの前に一ゴロも、「リアル二刀流」を日本中に見せつけた。

   ◇   ◇   ◇

投手用に用意した新しい赤いグラブが映えた。西日で赤く染まるマツダスタジアム。マウンドに上がった根尾は、バックスクリーンを向き両手を広げて息を整え、打者に向き直った。先頭坂倉への初球は150キロ。大阪桐蔭時代、8日のウエスタン・リーグ阪神戦(甲子園)でも投じた自己最速タイに、3万132人の目撃者から拍手とともに感嘆の声が上がった。

「どんどんストライクを取ろうと思いました」。坂倉には2球目147キロを右前に運ばれた。高校日本代表のチームメートで、ともに18年ドラフト1位入団した小園は、147キロ直球で右飛。「相手がというよりアウトが取れて良かったです」と、続く磯村を中飛に、中村健には150キロを再び交え、フルカウントから二ゴロに打ち取った。

立浪監督の指示で5回からベンチを出てブルペンに。4月2日広島戦(バンテリンドーム)の延長12回に、不測の事態に備え、ブルペンで肩をつくったことはあったが、投手で1軍無失点デビューを果たした。「素直に抑えられてうれしいです」と振り返った。

2月23日の沖縄キャンプでブルペン投球を初披露。3月のオープン戦期間は、ひそかにブルペン投球を行ってきた。8日のウエスタン・リーグ阪神戦では遊撃手で先発し、9回に5番手で登板。2/3回、打者5人に3安打1失点で遊撃に戻り、テスト登板をクリアした。立浪監督は「昨日も投手が多く投げ、最後に1人足りなかったので投げさせた。まだ真っすぐとスライダーだけ。簡単に四球を出さなかった。ストライクを投げられるだけでも。こういう展開で投げることはあるかもしれない」と“投手根尾”の再登板を示唆した。

指揮官は「根尾を生かしていかないといけない。今年1年で根尾のことは考えながらやっていきたい」と続けた。目指す本業は打てる遊撃手だが、ブルペンの危機にはマウンドにも上がる。強肩は外野手としても生きている。大阪桐蔭で甲子園で3度優勝。「投打」で4年目の輝きを増していく。【伊東大介】

◆根尾昂(ねお・あきら) 2000年(平12)4月19日生まれ、岐阜県出身。小2で野球を始める。大阪桐蔭では2年春から甲子園に4季連続出場し、17年春、18年春夏優勝。18年ドラフト1位で中日入り。今年3月から内野手から外野手登録に。推定年俸1300万円。177センチ、82キロ。右投げ左打ち

▼8回裏に登板した根尾は、直後の9回の攻撃で打席に立った。野手登録の選手が登板し、その試合で打席に立った例としては、近年では99年の広島ペルドモがいる。同年6月15日阪神戦で5回表途中から救援に立ち、その裏の打席で三振。逆に、代打として起用され、そのままマウンドに上がったのも3試合あった。

○…今季最長の4連敗で、借金も4月1日以来の「3」に膨らんだ。先発岡野が2回9失点と大炎上。打線も4回無死満塁の好機に3者凡退で8回に1点を返すのが精いっぱいだった。立浪監督は「唯一のチャンスの(4回)無死満塁でもつないでいければ、もう少し早く森下を降ろせたかな。反省といえばそこ」と、2試合連続2桁失点での敵地敗戦に渋い表情を見せた。

【関連記事】中日ニュース一覧