ロッテがメジャー通算155セーブ右腕、ロベルト・オズナ投手(27)の獲得調査を進めていることが5月31日、分かった。球団関係者が「調査はしています」と明らかにした。

メキシコ出身のオズナは15年にブルージェイズでデビューし、17年には球宴にも選出。アストロズへ移籍後の19年には38セーブでセーブ王に輝いた。188センチの長身から150キロ台の直球やカットボールで押し、昨季からはメキシカンリーグのメキシコシティーでプレーしている。

現在リーグ5位のロッテは国吉、佐々木千の調子が上がらず、唐川はコンディション不良で2軍でも未登板。2年連続2位の屋台骨を支えたリリーフ陣に不安要素が多く、上位浮上への大きな補強ポイントになっている。支配下登録選手枠には5月末時点で3選手の空きがある。

ロッテニュース一覧はコチラ>>