ロッテは8月25日の西武戦(ZOZOマリン)で、球団オフィシャルスポンサーのセコム株式会社が保有するヘリコプターから始球式のボールを投下すると発表した。

当日は同社の冠協賛試合「セコム60周年メモリアルナイター」として開催され、同社保有のヘリコプター「シコルスキーS-76D」がZOZOマリン上空を飛行し、セコム社関係者が務める始球式のボールを投下する。飛行は午後5時50分頃を予定し、天候などにより飛行中止の可能性もある。同社の冠協賛試合開催は今年で17度目で、ヘリコプターによる始球式ボールの投下は19年以来3年ぶり。