侍ジャパン栗山英樹監督(61)は4日、来年3月のWBCに向けた11月の強化試合4試合の代表メンバー28人を発表した。

初選出が15選手とフレッシュな顔ぶれ。トップチームでは初めて代表入りとなったロッテ佐々木朗希投手(20)は「代表クラスの皆さまと一緒にプレーが出来る機会をいただき、うれしく思います。貴重な時間となると思うので、いろいろなことを吸収したいと思います。そして今後の野球人生につながる投球をしたいと思います」と抱負。初めて日の丸のユニホームに袖を通す巨人大勢投手(23)は「人生で初めてJAPANのユニホームが着られると知ってうれしい気持ちでいっぱいです。過信せずに地に足をつけて自分の精いっぱいのピッチングをお見せしたいです」とコメントした。

また3冠王のヤクルト村上宗隆内野手(22)は「皆さまの期待に応えるパワーあふれるプレーで頑張りたいと思います」と意気込みを示した。

阪神佐藤輝明外野手(23)とソフトバンク周東佑京外野手(26)は、チームでは内野手登録だが、外野手での選出となった。佐藤輝は「侍ジャパンは子どもの頃からWBCを見て憧れをい持っていましたし、その憧れの日の丸のユニホームを着て、しっかり活躍できるように頑張ります」とコメントした。

今回のメンバーは以下の通り

◆投手(13人)

ロッテ佐々木朗希投手(20)※初

巨人大勢投手(23)初

巨人戸郷翔征投手(22)初

中日高橋宏斗投手(20)初

オリックス宮城大弥投手(21)※初

日本ハム伊藤大海投手(25)

広島森下暢仁投手(25)

広島森浦大輔投手(24)※初

DeNA今永昇太投手(29)

オリックス山崎颯一郎投手(24)※初

西武与座海人投手(27)初

阪神湯浅京己投手(23)初

ヤクルト高橋奎二投手(25)初

◆捕手(3人)

ソフトバンク甲斐拓也捕手(29)

西武森友哉捕手(27)

ヤクルト中村悠平捕手(32)

◆内野手(6人)

ヤクルト村上宗隆内野手(22)

山田哲人内野手(30)

阪神中野拓夢内野手(26)初

巨人岡本和真内野手(26)

DeNA牧秀悟内野手(24)※初

西武源田壮亮内野手(29)

◆外野手(6人)

阪神佐藤輝明外野手(23)※初

阪神近本光司外野手(28)※初

広島西川龍馬外野手(27)

日本ハム近藤健介外野手(29)

ヤクルト塩見泰隆外野手(29)初

ソフトバンク周東佑京外野手(26)

「※初」=トップチームでは初選出(U18、大学代表、社会人代表などでは選出歴あり)

強化試合は、11月5日に日本ハム戦(東京ドーム)、同6日に巨人戦(東京ドーム)、同9、10日にオーストラリア戦(札幌ドーム)の計4試合。

栗山監督は8月1日にU23NPB選抜を率いて、大学・社会人選抜と対戦。8-6で勝利したが、同戦のチームは日本代表とは異なる。11月5日の日本ハム戦が、侍ジャパンの指揮官としては正真正銘の初陣となる。

○…リーグ連覇のヤクルトから12球団最多となる5人が選出された。東京五輪でも活躍した山田、村上に加え、高橋、中村、塩見が初選出。高橋は「最大限の準備と集中力で代表として恥ずかしくないプレーで頑張りたいと思います」。中村は「最高のパフォーマンスを出せるようプレーしたいと思います」。塩見は「自分の持ち味を全て出し切るつもりで頑張ります」と意気込んだ。

▽ソフトバンク甲斐 日の丸を背負う責任感を持ってプレーしたいと思います。自分の役割を全うできるように頑張ります。

▽ソフトバンク周東 選んでいただいたことに感謝しています。自分のパフォーマンスを発揮できるようしっかり準備して臨みたいです。

▽西武森 光栄です。うれしく思います。チームの勝利に貢献できるよう打撃、守備とも全力でプレーして、自分の役割を全うできればと思います。

▽DeNA今永 大事な試合で結果を出すことを求められていると思うので、どんな場面、状況でも自分のやるべきことを理解して、試合に臨みたいです。

○…オーストラリア代表28人も発表された。元中日のデービッド・ニルソン監督が率い、全員がABL(オーストラリア野球リーグ)所属。米メジャー経験者は2人で、ワーウィック・ソーポルド投手は通算82試合、8勝4敗。アーロン・ホワイトフィールド外野手は通算8試合で、今季はエンゼルスで大谷と同僚だった。コーチに、日本ハム、巨人、西武で通算104セーブのマイケル中村氏が名を連ねる。日本とは1次ラウンドで同じB組。3月12日に対戦する。