中日立浪監督、落合ヘッド兼投手コーチらが投手陣にシュート習得に取り組ませた。

ナゴヤ球場での秋季練習で、指揮官は室内ブルペンで小笠原が試投したシュートを捕手の後ろから確認。「この段階でそこそこいい球もあった。左打者に投げられれば武器になる」と柳、勝野らも習得に挑む新球を満足げに確認した。小笠原は今季初の2桁10勝をマーク。「来年は軸になってもらいたい。15くらいは勝てる投手を目指してほしい」と期待を込めた。

【関連記事】中日ニュース一覧