ソフトバンク孫正義オーナー(66)が11月30日、新生小久保ホークスに4年ぶりのV奪回を厳命した。

この日、福岡市内のホテルで行われたスポンサーパーティーに悔しさあふれるメッセージを寄せた。後藤球団社長が孫オーナーの“檄文(げきぶん)”を代読。3年連続V逸となった今季の戦いを振り返り「私自身、大変悔しい思いをしております」とし、12連敗を喫した夏場の苦戦ぶりには「大連敗中は胸がつぶれるような思いで戦況を見守っておりました」と悔しさをにじませた。

1位以外は敗者の哲学を持つ孫オーナーだけに「我々ホークスは勝たなければならないんです。(中略)それが我々の使命だと信じております」と来季のV奪回を誓い、小久保新監督には「『王イズム』の体現者。小久保新監督には4年ぶりの優勝、日本一を達成していただき、秋には一緒に心の底から喜び合いたい」と締めくくった。

【関連記事】ソフトバンクニュース一覧>>