青森山田シニアが、昨年準優勝の宮城仙北ボーイズに5-4のサヨナラ勝ちで優勝した。2-4で迎えた7回裏2死一、二塁、越沼優悟外野手(2年)の中適時二塁打で1点を返し、なおも2死満塁のチャンス。尾崎凱来(かいら)捕手(1年)の二遊間へのヒット性の当たりが二塁手の失策を誘い、サヨナラ勝利を呼び込んだ。

  ◇  ◇  ◇

まさに“ゾンビ青森山田”だ。3-4の7回裏2死満塁、勝敗は尾崎のバットに託された。この試合ではチーム初安打を放ち、捕手としてもチームを救ってきた。中條純監督(32)は「今日はよく頑張った。悔いが残らない打席にしろ!」と声をかけた。だが、尾崎はこの大会が初スタメン。さらに、勝敗を左右するプレッシャーがかかる打席を1年生に任せた中條監督の心中は複雑だった。

だが、心配は無用。二遊間への安打性の当たりは二塁手の失策を誘い、2者が生還しサヨナラ勝ち。歓喜の輪に迎えられ「とにかくうれしかった。スタメンで起用してもらったので思いに応えたかった」と振り返ったが、「欲を言えば安打で決めたかった」。それでも中條監督は「内容はどうであれ、あの場面で決められたのは素晴らしかった。今後の成長にもつながる」とたたえた。

目指すはただひとつ「来季の全国制覇」だ。中條監督は大会を振り返り、「(どれも)勉強になる試合ばかり。大枠をつかめたので、この大会で得た課題を克服していきたい」と技術力とチーム力の向上を図っていく。「ミーティングや学校生活など、野球以外の方面からもアプローチしていく。結束力を高めて、隙のない野球を目指したい」と意気込んだ。目標の全国制覇達成のため、ひたすら進化を続ける。