阪神野口恭佑外野手(23)が今季実戦第1号となる弾丸アーチを放った。

3番左翼で先発し、3回の第2打席。2死一塁、1ボール1ストライクから、中日福の速球を完璧に捉えた。ライナー性の打球は快音を残し、左翼の芝生エリアに着弾した。

この試合まで、対外試合では無安打。森下、井上らと外野の枠を争う中、待望の1発が生まれた。

【関連記事】阪神ニュース一覧