槙原寛己氏と井口資仁氏が14日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」にご意見番として出演し、10日に行われたDeNA対中日戦、この試合を解説していた槙原氏があ然としたダブルプレーについて語った。

1回表、中日の攻撃、1死一塁の場面で、セカンドゴロから二塁送球でアウト。その後に一塁送球されるが一塁手の足が離れていたにもかかわらず、審判はアウトのコール。立浪監督がリプレイ検証を要求し、セーフと判定が覆った。解説をしていた槙原氏は「検証するまでのことでもない。これサンデーモーニングだったら『喝!』が入ってましたよね」と解説していた。

槙原氏は「喝を入れてください。ダブル喝ですよ。ここ初めてなんでしょ、リニューアルして。なかなかいいのが出てくれましたよね。審判も一生懸命やっているんでね、申し訳ないと思うけど。僕がちょうど(解説を)担当していたんで、何が起きたか分からなかった。アナウンサーもダブルプレーって言っちゃってたんですよね、審判を見てて。でも足が完全に離れている。まあ、でもコメントしてて良かったです」と話した。