現ISKA世界ライト級王者で、K-1世界3階級制覇王者のキックボクサー武尊(32)が2日、都内で初の自著「ユメノチカラ」(徳間書店)の発売を記念したトークショーを開催した。

武尊は今年1月28日に東京・有明アリーナで行われた「ONE165」でONEフライ級キックボクシング世界王者スーパーレック・キアトモー9のタイトルに挑戦。判定0-3で敗れた。試合後、足や腕を筋断裂していることが分かり、さらに最近になって左膝に2カ所の骨折があることも判明した。

この日のイベントではさらに、試合前にも肋骨(ろっこつ)を痛めていたことを告白。もともと戦う予定だったONEフライ級ムエタイ世界王者ロッタン・ジットムアンノンからスーパーレックに対戦相手が変更になって以降、スーパーレックを想定した相手とのスパーリングができなかったことも明かした。

スーパーレック戦を振り返り「頭を殴られて、っていうのはあると思うんですけど、ローキックの痛みで意識が飛びそうになって。初めてでした。あそこまでローキック攻めがくるとは思わなかった。強かったですね」と相手をたたえていた。