ボクシングWBAスーパー、WBC世界ライトフライ級王者寺地拳四朗(32=BMB)が4日、応援大使を務める地元京都の城陽市を訪問して、防衛を祝福された。

前回防衛戦はダウンの応酬で判定2ー0の大激戦だった。寺地は「今までで一番しんどい試合だった」と明かし、「今度はなるべく打たれないようにします」。今後は現級か階級を上げるか。「いずれにしろ、ベルトの数が増えるようにしたい」と話した。