吉本興業は28日、お笑いコンビのオリエンタルラジオと今月31日でマネジメント契約を終了することを発表した。2人の「自ら確立した方針で活動していきたい」との意向を尊重した。

オリエンタルラジオはボケの中田敦彦(38)とツッコミの藤森慎吾(37)。慶大生だった中田が、明大生だった藤森を誘う形で、04年に吉本興業の養成所NSC東京校に入所。在校中の04年の12月のM-1グランプリで準決勝に進出して注目を集めた。

05年にプロデビューして、音ネタの「武勇伝」ですぐに大ブレーク。07年までにレギュラー10本を獲得したが、その後失速した。

中田がインテリキャラ、藤森がチャラ男キャラで11年に再ブレーク。15年にボーカル・ユニットRADIO・FISHを結成して「PERFECT HUMAN」を発表して、翌16年に大ヒットしてNHK「紅白歌合戦」にも出場した。

その後は中田がユーチューバー、藤森が俳優、バラエティーと別々で活動することが多くなっていた。今月に入って中田が、コンビを解散しないまま、自身の来年3月のシンガポール移住の意向を発表していた。

吉本興業は「2人は当社の所属から離れますが、当社としましては、2人の新しい環境での活躍を応援してまいる所存です」とコメントしている。