落語家の三遊亭栄馬(さんゆうてい・えいば)さん(本名・足立建比古=あだち・はつひこ)が9月29日午前2時10分、急性心筋梗塞のため、埼玉県の病院で亡くなったと2日、落語芸術協会が発表した。77歳。大分県出身。葬儀は近親者により2日に執り行われた。喪主は長女・足立直子さん。

3年前から持病を患い入退院を繰り返していた。最後の寄席出演は18年11月、池袋演芸場の高座で演目は「茄子娘」だった。1967年(昭42)に三遊亭小圓馬に入門。71年に二つ目昇進。81年に真打ち。76年にNHK新人落語コンクール最優秀賞、84年に第19回国立演芸場花形演芸会の銀賞。