NHKは29日、東京・渋谷の同局で、嵐の松本潤(38)が主演する23年の大河ドラマ「どうする家康」の出演者発表会見を行った。ジャニーズ事務所の先輩、岡田准一(41)が織田信長役で出演することが決まった。14年に主演した「軍師官兵衛」以来9年ぶりの大河ドラマ出演となる。

【関連】嵐松本潤主演の大河「どうする家康」岡田准一、ムロ、阿部寛ら豪華キャスト>

会場に登場すると、松本と目を合わせ、2人で笑顔で会釈した。「大河ドラマは1年演じるすごい経験を得られる作品なので、そこで圧倒的にイメージのある織田信長にチャレンジできるのは、怖くもあり、楽しみでもあります」と話した。「これまでは秀吉配下の役が多かったので、今回は(秀吉役の)ムロさんを引きずり回せるのが楽しみです。松潤を支えながらも、松潤も心の面で振り回せる。とても楽しみです。振り回したい」と笑った。

松本の印象を聞かれ「クリエーティブで、出方でも裏方でも仕事もするタイプ。クリエーティブのこだわりの強い人です」と話し、「心のケアがすごいんです。今回も、出演のお話をもらった後に考えていたら、『一緒にやってほしい』と電話をもらって。ついこの前、出演が決まった後、おいしいワインをごちそうしてもらったんですよ」とエピソードを明かした。

脚本は古沢良太氏。戦国時代を舞台に松本が主人公の徳川家康を演じる。岡田は松本と05年の映画「Tokyo Tower」で共演しており、親交が深い。今月1日にV6が解散した際には、松本から岡田にデビュー年の95年もののワインがプレゼントされていた。

大河共演の岡田准一に松本潤「今日は僕におごらせてください」とワインを…―>

有村架純 家康の正室、瀬名・築山殿演じる 23年大河「どうする家康」―>

岡田准一 信長役「軍師官兵衛」以来9年ぶり 23年大河「どうする家康」―>

岡田准一起用理由「日本の時代劇のトップ走っている」23年大河で織田信長―>

ムロツヨシ 豊臣秀吉役「本当にびっくり」23年大河「どうする家康」―>

阿部寛 武田信玄「地響きのような影響を」23年大河「どうする家康」―>

野村萬斎29年ぶり大河で今川義元役「伸び伸びと演じさせていただく」―>