俳優原田龍二(51)が30日、都内で、主演映画「虎の流儀」(辻裕之監督)の公開初日舞台あいさつに出席した。

同作は原田演じる主人公・車田清が、裸一貫で世直しの旅に出る痛快娯楽任侠映画。

公開初日を迎え、原田は「ぼくたちは与えられたセリフがあって、毎回役者人生をかけて、おおげさじゃないですよ。正解がないですから。一番自分なりに、いいもんを表現したいってただでさえ緊張しながら現場に行く。その緊張感を分かち合った仲間たちと公開初日に、(舞台あいさつで)話せるというのが、こうして皆さんの前に姿を見せて直接お話しできるのがうれしい」と感慨深そうに話した。

俳優デビュー30年を迎えるなか、同作の撮影では地域の人々の協力などを感じる場面が多かったといい「役者冥利(みょうり)につきる。主演をやらせていただくことが。ありがたいなと。ありがたいなって感謝の気持ちをもって撮影していた」と「アニキ」らしく熱っぽく振り返った。

お笑いコンビ、TKO木下隆行(50)脇知弘(41)森脇英理子(40)はいだしょうこ(43)辻監督も出席した。